Mechanical-Common

Mechanical-Common

【脱炭素化】風力発電の発電量の計算方法

こんにちは。建物のZEB化やカーボンニュートラル化を図る際には建物の省エネ化だけではなく、再エネの導入も欠かせない。再エネといえば、太陽光発電が一般的だが、風力発電でも再エネ技術の一部である。風力発電は海岸線沿い等、比較的安定した風力が得ら...
Mechanical-Common

【機械設備必須知識】kcal/hとkWの変換方法

こんにちは。よく古い図面を確認していると冷房や暖房能力がkcal/hで記載されていることが多い。昔はkcal/hで記載することが普通だった。しかし、現在ではほとんどの場合でkcal/hは使用されていない。実際にメーカーのカタログでも筆者の知...
Mechanical-Common

COPと一次エネルギー換算COPの算出方法

こんにちは。最近では特に建物の省エネルギー化が求められることが多い。消費エネルギー量としては空調が多くを占めることから、省エネといえば空調といったイメージを持つ方も少なくない。エコな空調設備を計画するにあたって、COPを考慮することはとても...
Mechanical-Common

【建築設備】SHFの意味や求め方を紹介

こんにちは。空調機を選定する際によくSHFといった言葉を耳にすることが多いかと思う。初めて聞く方からすれば、英語の羅列だけでは意味がわからないだろう。SHFは空調機を選定する上で非常に重要であり、これを間違えると、室内の湿度が目標値に到達し...
Mechanical-Common

建築設備のA材とB材の違いを紹介 ➖機械設備の視点から紹介➖

こんにちは。普段設計業務を行なっていると、よくA材やB材といった用語を耳にすることがある。いわゆる略語であるため、これらの用語を知らないと何の話をしているのかが全くわからない。結果として、仕事の話なのにも関わらず、話が全く合わないといったこ...
Mechanical-Common

CO2排出量の算定方法 -建物からのCO2排出量算定ツールも紹介-

こんにちは。近年、建物の脱炭素化がより積極的に図られることもあり、建物からのCO2排出量を算定することが多々ある。そのため、建物の消費電力量やガス使用量からCO2排出量を求める必要がある。しかし、普段からCO2排出量の算定していないと算定方...
Mechanical-Common

配管トラフとは -概要や計画の注意点を紹介

こんにちは。別棟で複数の建物にまたがってインフラ計画する場合は、インフラ配管を埋設とするかどうかを検討する必要がある。特に油配管については土壌汚染の観点から行政より埋設配管ができない場合もある。そのため、結果として配管トレンチや配管トラフを...
Mechanical-Common

【建築設備】kJからkWへ変換する方法を紹介 -kWからkWhへ変換する方法も併せて紹介

こんにちは。普段空調関係の計算を行う場合に、kJやkWといった単位を扱うことが多い。よく起きがちなことがどうやって単位を変換するかを忘れてしまうことだ。今回はkJからkWへ変換する方法を実例を交えて紹介する。 各単位について ...
Mechanical-Common

コア抜き・はつり・スリーブの意味とそれぞれの違い

こんにちは。普段新築の設計だけを行っていると聞きなれない用語が一定数ある。スリーブは設計でも数量を見込む必要があるが、コア抜きや・はつりといった用語を聞いたことがない方も多いだろう。今回は、コア抜き・はつり・スリーブの意味と違いについて紹介...
Mechanical-Common

自動制御設備の役割 -自動制御設備でできることやBEMSについて紹介-

こんにちは。建築学科を卒業してから就職した方は特にだが、自動制御設備が今一つ何だかよくわからないという方が多い。自動制御設備は主に電気工学科等によった、かなり特殊な分野だ。しかし、建築設備業界に従事する以上、自動制御設備から逃れることはでき...
Mechanical-Common

機器荷重と運転荷重の違い -使い分けや荷重が異なる理由を紹介-

こんにちは。設備設計を行う上で構造担当者との各種調整は欠かせない。何も構造担当者とやり取りを行わないと、ある特定の箇所に設備機器が設置できないといったことが起こりかねない。そのため事前に構造担当者に設備機器の荷重や機器設置に伴う基礎の情報を...
Mechanical-Common

【建築設備】よく使われる「t」や「H」、「S」の意味を紹介

こんにちは。建築図や設備図を眺めていると、普段目にしない略語に出くわすことがある。「S」は使用頻度が比較的多いので既にご存じの方も多いかもしれない。だがその中でも「t」や「H」がよくわからないといった方もいらっしゃるかと思う。今回は建築業界...
Mechanical-Common

寒冷地の設計 配管の凍結 -パンクに注意-

こんにちは。普段なかなか寒冷地の設計を行う方がよくやりがちなミス。それは配管の凍結を考えずに設計してしまうことだ。配管は凍結すると最終的には配管に亀裂が入り水漏れを起こす。だがなぜ配管が凍結すると配管が破裂するのかがわからない方も多いだろう...
Mechanical-Common

LEED -LEED認証の種類から必要な点数、評価項目を紹介-

こんにちは。近年注目を集めているLEED(リード)。最近ではCASBEEとともにLEED認証を取得する建物が増えている。CASBEEは主に日本で使用され、建物性能や室内環境等を評価する指標だ。LEEDも似たような指標ではあるが、アメリカ発の...
Mechanical-Common

【空調衛生設備】ロックウールの密度と熱伝導率の関係を紹介

こんにちは。空調設備や衛生設備で使用されることの多いロックウール。ロックウールは主に厨房排気ダクトや排煙ダクト、区画貫通処理に対し使用されることが多い。国交省が発刊している標準仕様書によればロックウールは40Kだ。だが民間案件では32Kや2...
Mechanical-Common

【空調衛生設備】グラスウールの密度と熱伝導率の関係を紹介

こんにちは。空調設備や衛生設備で使用されることの多いグラスウール。グラスウールは主にダクトや配管の保温で使用される。国交省が発刊している標準仕様書によればグラスウールは40Kだ。だが民間案件では32Kや24Kのグラスウールが使用されることも...
Mechanical-Common

キャットウォークとは 意味から用途まで紹介

こんにちは。普段設計を行っていると意匠担当から今回はキャットウォークが必要かどうか問われることがあるかと思う。だが普段からキャットウォークという言葉を聞きなれていない限りはそもそも何を意味しているのかが分からないだろう。今回はキャットウォー...
Mechanical-Common

低温室隣室の結露

こんにちは。実験施設や研究所、その他厨房の一角などに低温室(冷蔵室や冷凍室)を計画する場合がある。もしくは建物全体が冷蔵冷凍倉庫のような施設もある。そんな時に特に気にしなければならないことが結露だ。結露を通じてカビが発生し健康被害が発生する...
Mechanical-Common

地下階に設置される倉庫の結露

こんにちは。設計を行っていると地下階に倉庫が計画されることがよくある。そんな倉庫だが最近ではよく倉庫内が結露しカビが発生したといったクレームが多い印象だ。倉庫だからと言って単に3種換気を行うだけでは結露が発生する可能性がある。今回は地下階に...
Mechanical-Common

【建築設備】イラスト(ポンチ絵)の使い方を紹介

こんにちは。建築設備設計者は設計者の一人だ。設計者であると同時に実は営業職のような一面もある。なぜならクライアントとの打ち合わせ時に設計方針や設計内容についての合意およびクライアントの要望などを聞き出さなければいけないからだ。ただ建築設備は...