冷房時におけるパッケージエアコンの効率を紹介

こんにちは。
最近ではパッケージエアコンの成績係数(COP)が徐々に改善されていることを背景に比較的大規模な建物でも個別熱源による空調システムとすることが増えてきた。
特に最近ではCOP3.0を大幅に超えるパッケージエアコンが多い。
そんなパッケージエアコンだが地域によりCOPが大きく変動する。
特に冷房時においては定格COPを大きく上回ることが多い。
そのため今回は冷房時におけるCOPの推移について紹介する。

 なお成績係数(COP)は以下で紹介しているので参照されたい。

概要

今回は延べ面積30,000m2の建物とする。
使用する気象情報は気象庁HPで公開されているは2020年の1年間を1時間ごとに抽出した気温と相対湿度,全天日射量とする。
冷房期間は東京については5~9月、札幌については6月から9月としそれぞれ空調時間帯は8時から19時までとする。
また土日は空調を行わないものとする。
その他人員数は平米あたり0.1人とし単位外気量は30CMHとする。
照明や什器負荷等については省エネルギー基準に準拠した算定、判断の方法および解説によることとする。
冷房時における室外機の定格COP4.0とする。
室外機の能力特性については公開できないのでご了承いただきたい。

試算 -東京-

まずは東京の場合を紹介する。

横軸にパッケージエアコン運転時における負荷率を示し縦軸に単体COPを示す。
また軸毎に発生頻度を合わせて示す。
冷房時における定格COP4.0としたうえで冷房期間中の試算を行った。
40%付近が最も効率が高い結果となり平均COP5.94となった。

試算 -札幌-

次に札幌の場合について試算結果を示す。

負荷率約40%~70%付近にて最高効率となった。
また東京に比べ比較的負荷率が多い時間が多い。
平均COP7.51となった。

まとめ

今回は冷房時におけるCOPの推移について紹介した。
あくまでも試算値のため実際とは大きく異なる可能性こそあるが地域により年間平均COPが異なることが示唆された。
また地域により最高効率である部分の負荷率が異なることも示唆された。

イラストや技術データ、ソフト、電子書籍のダウンロードは?

本ブログで紹介しているイラストや技術データ、電子書籍はすべてこちらで公開している。
興味がある方は是非ご確認頂ければと思う。
閲覧はこちらから!


より深く学びたい方は以下の書籍がおすすめ!



初心者マークとおさらば ダクト図の基本


本サイト経営者が執筆。
各設備の中でもダクト設備は特に覚えることが多い上に奥深いことが特徴だ。
そこで本書ではダクトに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてダクトの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば エアコンの基本

本サイト経営者が執筆。
多くの家庭に設置されているエアコン。
近年では外気温度も年々上昇しております桝エアコンのニーズが高まっている。
そこで本書ではエアコンに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてエアコンの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば 空気線図のよみかた

本サイト経営者が執筆。
参考書といえばどうしても難しい表現で記載されていることが多い。
難しい表現を使った書籍で理解を深めるためにはそれ相応の時間を要する。
本書はそんな難しい表現を極力使用せずに空気線図について紹介している。
今回をきっかけに空気線図を学びたい方にはぴったりだ。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



お悩み相談掲示板を始めました!建築に関わらずのお悩みなどはこちらへご相談ください!

Mechanical System
あきしょー工房

コメント