【建築設備と英語表現】熱負荷に関する英語表現

【↓建築設備と英語講座一覧↓】(プルダウン)

こんにちは。

空調の計算を行う上でまず最初に必要な作業が熱負荷計算だ。
熱負荷計算を行うことでようやく空調機器を決定することができる。
日本では専用の熱負荷計算ソフトがあるためその計算ソフトを使用し熱負荷計算を行うことが普通だ。(IPAC(現在はAPAC))
だが諸外国ではそれぞれまた違った計算方法が存在する。
例えばアメリカ暖房冷凍空調学会(Ashrae)でも専用のソフトが使用される。
他にもヨーロッパ連合(EN)でもまた専用のソフトが使用される。
ただ計算の仕方は違えど基本的な概念は変わらない。

今回は熱負荷に関する英語表現を紹介する。

熱負荷に関する英語表現

日本語(単語)英語(単語)
外気負荷External Load
室内負荷Internal Load
換気扇負荷Ventilation Load
人体負荷People Load
照明負荷Lights Load
什器負荷Equipment Load
日射負荷Solar Heat Load
構造体負荷Roof Load
Window Load
Wall Load
顕熱Sensible Heat
潜熱Latent Heat
日本語(表現例)英語(表現例)
熱負荷は外気負荷と室内負荷に分かれる。The heat load is divided into the external load and the internal load.
換気扇負荷を削減するために全熱交換器を導入する。The heat exchanger will be installed to reduce the ventilation load.
暖房負荷計算時には日射負荷は計算しない。The solar heat load is not calculated when calculating the heating load.
冷房負荷よりも暖房負荷の方が大きかった。It was found that the heating load was larger than the cooling load.
顕熱だけでなく潜熱も考慮して熱負荷計算を行う必要がある。It is necessary to consider not only sensible heat but also latent heat when calculating the heat load.

日本人のイメージとして顕熱がLH、潜熱がSHではないかといった思い込みがある。
だが実際には顕熱がSH(Sensible heat)、潜熱がLH(Latent Heat)なので注意されたい。

まとめ

今回は熱負荷に関する英語表現を紹介した。
現場に入ってからはあまり熱負荷についての話題はないかもしれない。
だが設計段階ではいかにして熱負荷を抑えるかといった観点からよく話題に上がる。
そのためこれらの英語表現を覚えておくことが望ましいだろう。

より深く学びたい方は以下の書籍がおすすめ!

初心者マークとおさらば 建築設備と英語表現

本サイト経営者が執筆!(第2弾)
建築設備は比較的ニッチな世界だ。
そのため建築設備に関する英語を学ぶインターネットで探してもまずヒットしない。
本書籍ではそんな皆さんの悩みに対し建築設備の表現方法について紹介している。
建築設備以外にも建築一般的内容や設備視点ならではの他分野との調整事項も網羅している。Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



そのまま使える建築英語表現
建築関連の英語表現を学びたい方!
こちらの本では建築設備に限らず建築全般に関する英語表現を学ぶことができる。
建築全般の英語が学びたい方にお勧め。


購入はこちらから



話すための英会話ロードマップ
英語の学習方法がわからない。何からやったらいいかがよくわからない。とにかく英語を話せるようになりたい方におすすめの書籍だ。Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



お悩み相談掲示板を始めました!
建築に関する内容やその他建築だけに関わらず、こちらへご相談ください!

English
あきしょー工房

コメント