【総合図】制気口の位置の決め方

【↓ダクト講座一覧↓】(プルダウン)

こんにちは。
総合図を作成する際に特に制気口の設置位置や照明の設置位置、その他火災報知機や室内機の設置位置など何を優先するべきかがよくわからないという方はいないだろうか。
特に狭い室内に複数の器具が鬩ぎあう場合は兎にも角にもスペースの取り合いになることが多々ある。
物理的に納まらない等以外の場合は基本的には照明が最も優先されるが今回はそんな総合図の作成にあたり特に制気口の設置位置について配慮すべき点を紹介する。

配慮すべき点① 空気を室内均一に循環させる

配慮すべき点①としては室内に均一に行き渡る様に空気を循環させられるような制気口配置にすることが望ましい。

例えばこちらの図のように制気口の配置が偏っていたりすると空気が滞留する空間ができてしまう。
単に空調空気が室内全体にいきわたらず温度ムラが発生する可能性が示唆されることがわかりやすい部分だとあげられる。

また最近ある例だと空調空気が室内全体にいきわたらないが故に結露が発生するケースもある。
特に厨房などの夏期を使用する室やその隣室などは湿度がもともと変化しやすい環境であるため注意が必要だ。

配慮すべき点② 席の真上に制気口を設置しない

続いての配慮すべき点は席の真上に制気口を設置しないことだ。
真上に制気口を設置すると何が起こるかというと吹出口の真下にいる人が気流を直接的に受けてしまうため寒いと感じたり暑いと感じてしまう。
そんなクレームを避けるためにも吹出口の位置には配慮されたい。

配慮すべき点③ 照明やその他レイアウトも考慮する

さらに配慮すべき点としては照明やその他の器具や機器とのレイアウトにも考慮して決めるということだ。
なかなか普段建築に携わっていない人は天井の制気口の位置なんて気にしないかもしれない。

気にしないは厳密には気にならないが正しい。
なぜなら普段日本にある建物では天井のレイアウトが比較的整ったケースが多いからだ。
もし天井レイアウトが明らかに整っていなければそこで使用する人がふと天井を見上げた時に違和感を必ず覚えるかと思う。
そのくらい天井のレイアウトはきれいであるべきものだ。

まとめ

今回は天井レイアウトの特に制気口の設置位置について紹介した。
制気口の位置により人が室内空間に対して感じる印象が異なったり不快感を覚えたりすることもある。
たかが制気口と思わずに丁寧に設置位置を考えていただけるきっかけになっていただければと思う。

イラストや技術データ、ソフト、電子書籍のダウンロードは?

本ブログで紹介しているイラストや技術データ、電子書籍はすべてこちらで公開している。
興味がある方は是非ご確認頂ければと思う。
閲覧はこちらから!


より深く学びたい方は以下の書籍がおすすめ!



初心者マークとおさらば ダクト図の基本


本サイト経営者が執筆。
各設備の中でもダクト設備は特に覚えることが多い上に奥深いことが特徴だ。
そこで本書ではダクトに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてダクトの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば エアコンの基本

本サイト経営者が執筆。
多くの家庭に設置されているエアコン。
近年では外気温度も年々上昇しております桝エアコンのニーズが高まっている。
そこで本書ではエアコンに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてエアコンの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば 空気線図のよみかた

本サイト経営者が執筆。
参考書といえばどうしても難しい表現で記載されていることが多い。
難しい表現を使った書籍で理解を深めるためにはそれ相応の時間を要する。
本書はそんな難しい表現を極力使用せずに空気線図について紹介している。
今回をきっかけに空気線図を学びたい方にはぴったりだ。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



お悩み相談掲示板を始めました!建築に関わらずのお悩みなどはこちらへご相談ください!

Duct
あきしょー工房

コメント