ドアガラリ・アンダーカット・パスダクト -推奨面風速を紹介-

こんにちは。

設備設計を行う上で意匠担当と必ず打合せする内容の一つ。
ドアガラリやアンダーカットだろう。
またその際にパスダクトが使用される場合もある。

特にパスダクトについては面風速についての直接的な基準がないためにどの程度の大きさで計画したらよいかわからない方も少なくない。

今回はドアガラリやアンダーカット、パスダクトの基礎および推奨面風速について紹介する。

ドアガラリ、アンダーカット・パスダクトはいずれも部屋と部屋を空気でつなぐための開口だ。
つまり開口を設ける方法により呼び名が変わる。
以下にそれぞれ紹介する。

ドアガラリ

ドアガラリは扉(建具)自体にガラリが設置される。
扉に設けられたガラリを通じて空気が流出入する。
ドアガラリはアンダーカットに比べて比較的大きな風量の流出入が可能だ。

アンダーカット

扉の下部にすき間がある扉をアンダーカットと呼ぶ。
アンダーカットはドアガラリに比べて意匠性はよい。
だがせいぜい1cm程度しかアンダーカットの高さを確保できない。
つまり小さな風量の流出入しか期待ができない。

パスダクト

パスダクトは扉に対して設ける設備ではない。
ダクトを各室の間で接続することで空気の流出入を行う方法だ。
メリットは扉にガラリやアンダーカットを設ける必要がないことだ。
デメリットとしては使用する材料が大幅に増えるためコストが高い。

ドアガラリ・アンダーカット・パスダクトが必要な理由

換気方式給気排気室内の圧力
第一種機械換気機械換気機械換気等圧
第二種機械換気機械換気自然換気陽圧(正圧)
第三種機械換気自然換気機械換気陰圧(負圧)

建物の換気は建築基準法に基づき計画される。
また換気の方式は大きく三種類あり第一種機械換気、第二種機械換気、第三種機械換気がある。
各換気方式が選定される要因は様々だ。
だが、特に第二種機械換気および第三種機械換気を設置する室およびその隣室にはドアガラリ・アンダーカット・パスダクトのいずれかが設置される必要がある。(絶対ではない)
第二種機械換気は室内が陽圧(正圧)となり第三種機械換気は室内が陰圧(負圧)となる。
そのため壁面や窓面のどこかから空気の流出入が発生する。
ドアガラリ・アンダーカット・パスダクトのいずれかが設けられていればそこから空気の流出入が行われる。
だがいずれも設けられていない場合は室内のわずかなすき間から風切り音を発生させて空気の流出入が行われる。

(参考)換気種別の違いについて詳細は以下の記事で紹介しているため参考にされたい。

ドアガラリ・アンダーカット・パスダクトの面風速

建築設備設計基準によればドアガラリ・アンダーカットの面風速は以下の通りだ。
なおパスダクトについては面風速の記載がない。
だがドアガラリとアンダーカットに要求される面風速の低い方、つまり1.5m/s以下とすることが望ましいだろう。

項目面風速
ドアガラリ2.0 m/s
アンダーカット1.5 m/s
パスダクト定義なし
(1.5m/s推奨)

風速が速いと

ドアガラリやアンダーカット・パスダクトが適切に設けられていないと扉の開閉に支障が出たり隙間風が発生する。

(参考)以下の記事で扉にかかる圧力について紹介しているため興味がある方は参考頂きたい。

有効開口の計算方法

ドアガラリやアンダーカット・パスダクトの有効開口の計算方法は以下の通りだ。

計算式
有効開口[m2] = 風量[m3/h] ÷ 3,600[s/h] ÷面風速[m/s]

計算例①

パスする風量が300CMHでドアガラリを使用する場合に必要な開口を求める。

計算式
有効開口[m2] = 風量[m3/h] ÷ 3,600[s/h] ÷面風速[m/s]
有効開口[m2] = 300[m3/h] ÷ 3,600[s/h] ÷2.0[m/s] = 0.042[m2]

計算例②

パスする風量が100CMHでアンダーカットを使用する場合に必要な開口を求める。

計算式
有効開口[m2] = 風量[m3/h] ÷ 3,600[s/h] ÷面風速[m/s]
有効開口[m2] = 100[m3/h] ÷ 3,600[s/h] ÷1.5[m/s] = 0.019[m2]

計算ツール

以下のリンクでは有効開口の計算が簡単にできるので参考にしていただければと思う。

まとめ

今回はドアガラリやアンダーカット、パスダクトの基礎および推奨面風速について紹介した。
本稿が計画の参考になればと思う。

イラストや技術データ、ソフト、電子書籍のダウンロードは?

本ブログで紹介しているイラストや技術データ、電子書籍はすべてこちらで公開している。
興味がある方は是非ご確認頂ければと思う。
閲覧はこちらから!


より深く学びたい方は以下の書籍がおすすめ!



初心者マークとおさらば ダクト図の基本


本サイト経営者が執筆。
各設備の中でもダクト設備は特に覚えることが多い上に奥深いことが特徴だ。
そこで本書ではダクトに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてダクトの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば エアコンの基本

本サイト経営者が執筆。
多くの家庭に設置されているエアコン。
近年では外気温度も年々上昇しております桝エアコンのニーズが高まっている。
そこで本書ではエアコンに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてエアコンの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば 空気線図のよみかた

本サイト経営者が執筆。
参考書といえばどうしても難しい表現で記載されていることが多い。
難しい表現を使った書籍で理解を深めるためにはそれ相応の時間を要する。
本書はそんな難しい表現を極力使用せずに空気線図について紹介している。
今回をきっかけに空気線図を学びたい方にはぴったりだ。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



お悩み相談掲示板を始めました!建築に関わらずのお悩みなどはこちらへご相談ください!

Mechanical System
あきしょー工房

コメント