【初心者向け】電気室の換気計算 -発熱量から必要な換気量を求める方法-

こんにちは。

普段空調設計を行う際は熱負荷計算から各室の室負荷を計算する。
そのうえで空調容量を求めることが普通だ。
だが特殊な室の場合は発熱量から空調容量や換気風量を求めることがある。

例えば電気室は発熱量から必要な換気量や空調容量を求めることとなる。

比較的温暖な地域かつ大規模な建物では電気室に空調を導入することがほとんどだ。
だが東北や北海道などの寒冷地では換気のみ導入することも多い。

今回は電気室の発熱量から必要な換気量を算定する方法を紹介する。

発熱量から必要換気量を算定する手順を以下に紹介する。

手順内容
ステップ①機器からの発熱量を把握
ステップ②機器の稼働可能温度を確認
ステップ③必要換気量を算定

ステップ① 機器からの発熱量を把握

電気室には主に変圧器が設置される。
建築設備設計基準には電気容量毎の発熱量が記載されている。
以下に変圧器容量別の発熱量を紹介する。

変圧器容量[kVA]20305075100150200300500
発熱量
[kW]
油入単相0.40.60.91.21.42.12.63.65.7
三相0.50.71.11.31.72.43.04.46.6
モールド単相0.50.71.01.31.62.22.73.96.1
三相0.81.01.41.82.12.83.34.56.4
※出典:建築設備設計基準

つまり電気設計担当者より変圧器容量を確認できれば発熱量を計算することが可能だ

ステップ② 機器の可能稼働温度を確認

建築設備設計基準では電気室内の温度は40℃以下になるように必要換気量の計算を行う。
ただし特殊機器などが室内に設置される場合はその旨をあらかじめ加味する必要がある。
(40℃よりもさらに低い温度が機器の可能稼働温度である場合は空調の導入がほぼ必須だ。)

ステップ③ 必要換気量を算定

次に必要換気量を算定する。
必要換気量算定式は以下の通りだ。

計算式必要換気量[CMH] =
(発熱量[kW] x 3,600[(kJ/h)/kW]) ÷ (空気密度 x (許容温度[℃] – 設計外気温度[℃]))
必要換気量[CMH] =
(発熱量[kW] x 3,600[(kJ/h)/kW]) ÷ (1.2 x (40[℃] – 設計外気温度[℃]))

※出典:建築設備設計基準

計算例

上記説明だけだとわかりづらいかと思うので以下に計算例を紹介する。

与条件

与条件
電気容量変圧器容量:500kVA(モールド,三相)
許容温度40℃
設計外気温度35℃

発熱量を求める

変圧器容量は500kVA(モールド、三相)だ。
そのため先ほど紹介した変圧器容量別の発熱量より6.4kWを導き出すことができる。

許容温度の確認

許容温度は与条件より40℃であることが確認できる。

必要換気量の算定

必要換気量の計算式は以下の通りだ。

計算式必要換気量[CMH] =
(発熱量[kW] x 3,600[(kJ/h)/kW]) ÷ (空気密度 x (許容温度[℃] – 設計外気温度[℃]))
必要換気量[CMH] = (6.4[kW] x 3,600[(kJ/h)/kW]) ÷ (1.2 x (40[℃] – 35[℃]))
必要換気量[CMH]=3,840[CMH]

つまり必要な換気量は3,840[CMH]となる。

換気計算ツールは以下のページで紹介しているので興味がある方はご確認頂きたい。

まとめ

今回は電気室の発熱量から必要な換気量を算定する方法を紹介した。

電気室に必要な換気量の計算ができるようになれば実は電気室以外にも応用することが可能だ。
そのためまずは電気室の換気量の計算を身につけていただければと思う。

以下のリンクでも様々な換気量について紹介しているので興味があればご確認頂ければと思う。

イラストや技術データ、ソフト、電子書籍のダウンロードは?

本ブログで紹介しているイラストや技術データ、電子書籍はすべてこちらで公開している。
興味がある方は是非ご確認頂ければと思う。
閲覧はこちらから!


より深く学びたい方は以下の書籍がおすすめ!



初心者マークとおさらば ダクト図の基本


本サイト経営者が執筆。
各設備の中でもダクト設備は特に覚えることが多い上に奥深いことが特徴だ。
そこで本書ではダクトに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてダクトの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば エアコンの基本

本サイト経営者が執筆。
多くの家庭に設置されているエアコン。
近年では外気温度も年々上昇しております桝エアコンのニーズが高まっている。
そこで本書ではエアコンに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてエアコンの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば 空気線図のよみかた

本サイト経営者が執筆。
参考書といえばどうしても難しい表現で記載されていることが多い。
難しい表現を使った書籍で理解を深めるためにはそれ相応の時間を要する。
本書はそんな難しい表現を極力使用せずに空気線図について紹介している。
今回をきっかけに空気線図を学びたい方にはぴったりだ。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



お悩み相談掲示板を始めました!
建築に関する内容やその他建築だけに関わらず、こちらへご相談ください!

Mechanical System
あきしょー工房

コメント