【これでわかる】換気扇(天井扇)の静圧の読み方を紹介

こんにちは。

建物によく設置されることが多い換気扇。
比較的小さな容量の製品から事業者向けの製品まで様々な種類がある。
そんな換気扇だが換気扇を設置する際に戸惑うこと。
それはP-Q線図(風量と-静圧で構成されるグラフ)の読み方だろう。

必要静圧を厳格に求めようとすると本来であれば静圧計算を行う必要がある。
だが一般に建築設備に関する知識がない方は静圧計算を行うことはほとんど不可能だろう。

そのため各メーカーのP-Q線図では配管径毎かつダクト長さ毎に必要な静圧が併記されていることが多い。

今回は換気扇(天井扇)の選定に必要なP-Q線図の読み方を紹介する。

 

そもそも静圧とは

例えば同じ換気扇が2つ設置されておりそれぞれにダクトが設置されているとする。
但しそれぞれのダクト長は異なる。

同じ換気扇であれば接続されているダクトが長い方が抵抗が大きくなる。
そのため換気扇から実際に引っ張ることができる風量が小さくなる。

これが静圧だ。
静圧とは空気をどれだけ押すことができるかを示す。
つまりダクトによる抵抗を踏まえて実際に換気扇を選定する必要がある。
正しく選定できないと必要な風量を得られない可能性がある。

詳しくは以下で紹介しているので参照頂ければと思う。

P-Q線図の読み方

P-Q線図は通常横軸に風量、縦軸に静圧を示す。

P-Q線図には機器の性能が記される。
左図の場合だと曲線の部分が機器の性能だ。

静圧(抵抗)が大きくなるほど機器から得られる風量が小さくなる。

多くの設備設計者は先ほどのグラフから機器選定を行うことができる。
だが一般の方が静圧計算を行うことは難しい。
左図にP-Q線図にダクトサイズ毎の静圧を付記した。
風量が大きくなるほど、ダクト内の風速が上昇し必要な静圧は大きくなる。
またダクトが長いと必要な静圧が大きくなる。
なおこの線は多くの換気扇カタログに記載されている。

実際に風量と静圧を記載した。
【ダクト径が100φで長さが10mの場合】
静圧が50Paとなり実際に得られる風量が300CMHとなる。
ダクト径が100φで長さが20mの場合】
静圧が80Paとなり実際に得られる風量が250CMHとなる。

※普通ダクト長さが倍の場合は静圧も倍だがあくまでも一例だ。
そのため細かなことは無視してほしい。

まとめ

今回は換気扇(天井扇)の選定に必要なP-Q線図の読み方を紹介した。
必要な静圧をあらかじめを見込んでおかないと実際に風量が不足する可能性がある。
そのため事前に各メーカーのカタログを確認し、必要静圧と実際の風量を確認することをお勧めする。

イラストや技術データ、ソフト、電子書籍のダウンロードは?

本ブログで紹介しているイラストや技術データ、電子書籍はすべてこちらで公開している。
興味がある方は是非ご確認頂ければと思う。
閲覧はこちらから!


より深く学びたい方は以下の書籍がおすすめ!



初心者マークとおさらば ダクト図の基本


本サイト経営者が執筆。
各設備の中でもダクト設備は特に覚えることが多い上に奥深いことが特徴だ。
そこで本書ではダクトに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてダクトの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば エアコンの基本

本サイト経営者が執筆。
多くの家庭に設置されているエアコン。
近年では外気温度も年々上昇しております桝エアコンのニーズが高まっている。
そこで本書ではエアコンに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてエアコンの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば 空気線図のよみかた

本サイト経営者が執筆。
参考書といえばどうしても難しい表現で記載されていることが多い。
難しい表現を使った書籍で理解を深めるためにはそれ相応の時間を要する。
本書はそんな難しい表現を極力使用せずに空気線図について紹介している。
今回をきっかけに空気線図を学びたい方にはぴったりだ。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



お悩み相談掲示板を始めました!
建築に関する内容やその他建築だけに関わらず、こちらへご相談ください!

Mechanical System
あきしょー工房

コメント