ガラリ_寒冷地

1.積雪地における外部ガラリ設計の配慮
 ①積雪時にガラリを通じて内部に雪が侵入しないよう配慮
  ⇒雪がダクト内や機器本体と接触することで故障の可能性有


2.雪の侵入を防ぐ方法
 ①外気ガラリの面風速を1.5m/s 以下。
 ②ガラリの前に一次受けとして障壁を設置。
 ③ガラリチャンバー内に中仕切板を設け迷路とする。


3.雪対策による二次的配慮
 ①ガラリチャンバー内に雪がたまる可能性があり水抜きを設置。
 ②ガラリチャンバー内に中仕切板を設けた場合にも面風速1.5m/s を
  遵守。
 ③ガラリチャンバーおよび水抜きが結露する可能性があるため保温を
  施す。
 ④水抜き管のメンテナンス用として点検口を設置。


4.建築への依頼事項
 ①軒部分においても面風速1.5m/s が要求されるため十分な開口を
  要望すること。
 ②外装部分で極力雪の侵入を防ぐ構造とすること。
 ③ガラリを設けないケースが考えられるため防虫金網は見込むこと。

Xserverアカウント

イラストや技術データ、ソフト、電子書籍のダウンロードは?

本ブログで紹介しているイラストや技術データ、電子書籍はすべてこちらで公開している。
興味がある方は是非ご確認頂ければと思う。
閲覧はこちらから!


より深く学びたい方は以下の書籍がおすすめ!



初心者マークとおさらば ダクト図の基本


本サイト経営者が執筆。
各設備の中でもダクト設備は特に覚えることが多い上に奥深いことが特徴だ。
そこで本書ではダクトに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてダクトの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば エアコンの基本

本サイト経営者が執筆。
多くの家庭に設置されているエアコン。
近年では外気温度も年々上昇しております桝エアコンのニーズが高まっている。
そこで本書ではエアコンに関する基礎的な知識を極力わかりやすく紹介。
まずは本書を通じてエアコンの基本を身につけて頂ければと思う。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから




初心者マークとおさらば 空気線図のよみかた

本サイト経営者が執筆。
参考書といえばどうしても難しい表現で記載されていることが多い。
難しい表現を使った書籍で理解を深めるためにはそれ相応の時間を要する。
本書はそんな難しい表現を極力使用せずに空気線図について紹介している。
今回をきっかけに空気線図を学びたい方にはぴったりだ。
Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



お悩み相談掲示板を始めました!建築に関わらずのお悩みなどはこちらへご相談ください!

Mechanical System
あきしょー工房

コメント