【困っている方必見】英語学習がマンネリ化していると感じる時に読んでほしい

【↓英会話講座一覧↓】(プルダウン)

こんにちは。
英語を学習していてよく何のために一体英会話を学習しているのかと目的を見失う方が多いのではないだろうか。
英語学習を始めたばかりのころは順調に様々なことを身につけられる。
一方で徐々に英語に対して慣れてくると自分の成長が全く感じられなくなる。
それもそのはずで自分のできる範疇では既にある程度スムーズに話せるようになっていることからそこから先の成長はなかなか感じづらい。
そんな中でも例えば海外旅行に行って○○を言えなかったなとかそういった経験を目のあたりにしたときに自分はまだまだだなと我に返ることができる。
だがそんな機会でもない限り徐々に自分は何のために英会話を学習しているのだろうと考えこんでしまう。
何も英会話に限った話ではないが一度そのように考えてしまった瞬間に英会話をあきらめてしまう方が非常に多い。
特に英会話についてはスポーツなどとは異なり自分との戦いにしかなりえない。
現在そんな挫折しそうな自分と戦っている方に向けて本記事を読んでいただいて英会話学習を行う理由を再度見つけて頂ければと思う。

日本の会社は英語を必要としているのか

毎年様々な企業が英語の必要性についてのアンケートを実施している。
そのアンケート結果によれば過半数以上の方が英語は必要であると回答している。
確かに海外の企業とやり取りするような部署があれば英語を使用する機会が増えるかもしれない。
但しそのような部署でなおも限られた人しかほとんど英語を使用しないことも事実だ。
またその限られた人でもほとんどはメールでのやり取りのみの場合も多いだろう。
メールのみのやり取りであれば現在ではグーグル翻訳といった瞬間的に翻訳を行ってくれるサービスがあるのでそれに頼ればまず大半の英語での業務は遂行できる。
当然外資系企業であればその割合は圧倒的に異なるかもしれないが大半の方は実際問題英語を必要とはしていないはずだ。
それでもなぜ英語が必要だと考える方が多いのか。
昨今はグローバル化を目指す動きが大企業の間で次々にあるからだ。
ただグローバル化を目指したとしても全員が全員英語を話せる必要はない。
なぜなら日本の企業で外資系ではないから。
そもそも誰をターゲットとして存在している会社なのだろうか。
ほとんどの場合は日本に向けたサービスだろう。
日本に向けたサービスを海外でも事業展開を行っていくためにグローバル化が騒がれているわけだ。

もちろん社内の活性化として海外の人を社内に迎え入れたい考えもあるかもしれない。
だとしても日本人を相手にビジネスを行う人は一定数当然社内にいるわけでまた日本へのビジネスを土台に積み上げている。

そのため近い未来においても結局は過半数以上の会社員は英語を話すことは実際にはないだろう。

つまるところ先のようなことだ。
英語が話せる人は社内に10%もいれば十分なのだ。

また最近はポケトークといった瞬間的に英訳をしてくれるような便利な機械まである。
さらにAIの発達によることもあり英語といった日本人の多くが不得意なジャンルは真っ先にAIにとってかわるだろう。

ポケトークが気になる方は以下にリンクを張り付けたのでご確認いただければと思う。

あなたが英語を学ぶ理由は会社のため?

ビジネスに通用する英語を習得するという明確な目標がある方もいるだろう。
そういった目標に日々邁進できればよいのだが実情として続かない方が大半だろう。
本当に必要に迫られていないからだ。
まあ上記のような方は本記事をまず読んでいないわけなのだが本当に自分が英会話を学びたい理由は何だったのかを思い出してほしい。
確実に会社のためではなくプライベートのためだったのではないだろうか。
例えば海外旅行に行ってそこで英語が話せたらいいな、とか純粋に海外の人と会話したいなといった思想からだろう。

そこで楽しく英語を話して誰かと会話をし話が盛り上がりたまには一緒に飲みに行ったりといった自分を想像していたのではないだろうか。

なぜ挫折してしまうのか

そういった明確な目標があったのにもかかわらず挫折してしまうは単純だが英語の学習がしんどいからだ。
特に自身の成長が感じられないとすればこれ以上成長しないのになぜ英会話の学習を続ける必要があるのか、などと考える方が大半だろう。
ただそんなときに踏みとどまってもらいたい。
本当に今諦めて今後後悔しないのだろうか。
英語を始める前の自分がなりたかったのは今の自分なのだろうか。

もし上記の答えが否である場合はもう少し英語の学習を続けてみるべきだ。
いくら英語の学習が辛いもしくは興味が徐々に薄れてしまっているとしても英語の学習を行うことを行うことでいつかきっとさらに成長した自分を感じることができると思って。
細かなことは以下のリンクから確認頂きたいが英語が話せるメリットは英語の能力に限ったことではない。

英語を話せることで様々な人と価値観をシェアできる。
日本人同士での会話は海外の人たちと比べると似たような価値観を持った人が多い。
それもそのはず。
僕らはみな日本語しか話さないうえに海外の方たちと交流することもまず普段行わない民族だからだ。
例えばそれがヨーロッパの人であればEU加盟国ということもあり様々な国に自由に行き来できる。
また彼らは働く上で同じヨーロッパの方とコミュニケーションを誰かと取るために必然的に3か国語以上覚える必要があることもある。
誰の目にも土俵が違いすぎるとわかるかと思う。

それだけ普段から鎖国された日本独自の文化を大切にすることも大切だが日本の常識とは明らかに違う国の方々と話をすると日本ではありえないようなバックグラウンドを持ったの考え方などを理解できる。
考え方が広がり様々な価値観を受け入れられるようになる。
そんなメリットがあるからこそ今英会話の学習をやめてしまうのはもったいない。
ぜひ続けていただければと思う。

まとめ

今回は挫折しそうな自分と戦っている方に向けて英語の必要性について紹介した。
本記事を読んで英語学習に前向きになっていただければと思う。

より深く学びたい方は以下の書籍がおすすめ!

初心者マークとおさらば 建築設備と英語表現

本サイト経営者が執筆!(第2弾)
建築設備は比較的ニッチな世界だ。
そのため建築設備に関する英語を学ぶインターネットで探してもまずヒットしない。
本書籍ではそんな皆さんの悩みに対し建築設備の表現方法について紹介している。
建築設備以外にも建築一般的内容や設備視点ならではの他分野との調整事項も網羅している。Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



話すための英会話ロードマップ
英語の学習方法がわからない。何からやったらいいかがよくわからない。とにかく英語を話せるようになりたい方におすすめの書籍だ。Kindle Unlimitedユーザーであれば無料で購読が可能だ。


購読はこちらから



お悩み相談掲示板を始めました!建築に関わらずのお悩みなどはこちらへご相談ください!

English Conversation
あきしょー工房

コメント